彼からの返信が来ない!そんな心配を失くすテクニック

恋愛関係がある程度長くなってくると、お互いの考え方の違いが浮き彫りになってくるもの。
その最たるものが離れている時にメールや連絡がないなどの互いの温度差です。
どんな心理でこんなことになるのか、考えてみたことがありますか?

 

男女の持つ心理の違い

「付き合ってすぐの頃は、メールも電話も、SNSでのメッセージもたくさんくれていたのに
最近はさっぱり。」

 

実はそんな悩みはあなただけではありません。
関係性が深くなると起こるこの現象は、男性特有の心理が深く関係しているのです。

 

男性は仕事や家族、そして恋愛と、自分の中の心理カテゴリをきっちりと区別して生活しています。
そのためなにか別のことをしている時間は、恋人のことをあまり考えていないと言ってもよいのです。
また「釣った魚に餌はやらない」などと考える男性もいます。

 

対して女性は、いつも大切なパートナーの動きを知りたいと思っています。
自分の生活も趣味も、仕事も、愛するひとへの気持ちとの区分があいまいになっているため、
いつでも彼が気になってしまうのです。

 

このすれ違いが連絡の一方通行となって現れてしまいます。

 

 

なにか対処法はある?

男性は彼女であるあなたに悪いとは思っていても、日々のことにかまけて
連絡をとらないケースが多いようです。

 

これに「どうして連絡しないの!?」と、喧嘩腰にきくなどしたら逆効果。
決して連絡しないことを責めるようなことはせず、大事な話題は短く返信できるような
質問メッセージに切り替えてみましょう。
彼が束縛されていると感じないようもちろん不定期に、です。

 

おわりに

また、彼があなたを放っておいても大丈夫と考えてしまっているようなら、
こちらから発信する連絡の数を減らしてみることも有効です。

 

彼があなたを本当に大切に考えているかを読み解くことができます。

 

そしてもあなたも自分の彼への思いを再確認できるはずです。

 


このページの先頭へ戻る